発信を始めるのに、遅すぎるなんてことはない。未来力に欠かせない発信の力

今、Facebook上では、「グローバル成幸コーチング」のクライアントで作る非公開グループと、「人生再起動クラブ」の非公開グループのふたつを活発に運営しています。

で、驚いたことに、中には、Facbeookをやったことがあまりない、という方もいらっしゃいるんです。

嫌なことがあって、やめちゃってた人もいれば、そもそもの苦手意識からやらずにきた人も。

こんな素晴らしい無料のツールを利用せずにいたなんて…と、過去の損失に目を向けるのは愚かなこと。

これから、真新しいふれあい体験、つながり体験を知る楽しみを体験できるなんて、羨ましい、とすら思うんですよね。

私など、もうすれっからし、と言いましょうか(笑)、利用しまくりで、ずいぶんと得させてもらってきたわけですが、やっぱり最初の頃は、なにもかもが新鮮でわくわく興奮してたよなあ、と思い出します。

発信、というのを苦手意識を持って語る人は本当に多いものですが、突き詰めて話してみると、ただ、やってない、やったことがない、やり方がわからない。

それだけのことだったりするのです。

やったことのないことは、誰だってできません。

上手とか下手とか、得意とか苦手とか、それ以前の問題ですよね。

変に資質の問題にしちゃって、意識のブロックをこしらえてしまうのは、とても損。

ブログだって、最初はぎこちないもの。

Facebookの投稿や、コメントでのからみ方なんかでも、慣れない内は、過剰だったり、言葉が不足気味だったり、皆、いろいろあります。

でも、そんなのどうでも良い。

誰もたいして気にしてない。

ほんの少し気にしたとしても、数秒のことで、すぐに忘れてる。

本人だけが、ポチッと投稿ボタンを押すことができずに、何度も何度も書き直すほどに気にしてしまっているだけ。

いいね!がいくつ付いたとか、誰が押して、誰が押さなかったとか、監視カメラつけてるみたいに、いちいち細かく見てしまう。

そして、そもそも意味なんかまったくないものに、「意味付け」をして、落ち込んで、またやらなくなる…

そんな悪循環、バカバカしいよね~、と思うのですが、初心者さんほど陥りやすいようですね。

Facebookも、アメブロも、LINEも、インスタも、ただ馬鹿になってやればいいのです。

やってるうちに、だんだんとわかってきますから。

これからは「信用の時代」とか、「信用こそが影響力だ」とか、言いますよね。

実際、そうなんだろうな、と私も信じています。

そのためにも、発信の質と量は、きっととても大切なんですよね。

できる限り、多くの人に知られることも、とても重要なんだろうな、と思います。

ただ有名なんじゃなく、信頼に値する人、として、知られるということ。

それがすなわち、価値に変わっていく時代だからです。

クライアントとのセッションの、いったいどのくらいを『発信する」というテーマで話しているだろうか、と、ふと思います。

いや、かなりの割合で話しているかも。

それほど、未来力を語るのに、欠かせないファクターだと考えているからなんでしょうね。

こんな記事も、いつもクライアントに紹介しています。

やっかいな「発信恐怖症」は、パンツを脱ぐ覚悟をするだけ

クライアントも、乗せられて、パンツ脱ぎまくって、こちらがドギマギすることも、しばしばです(笑)。

関連記事