アラフィフ主婦が子どもから卒業するときに思うこと

ブログやメルマガを読んでくださっている方は、きっとご存知かと思いますが、私は子どもの頃から「言葉」がとても好きで、敏感で、他の子がノートにお絵かきしているときに、言葉の切れ端をいくつも書いていたくらいでした。

だから今も、人の使う言葉には繊細に反応する方だと思います。

NLP=神経言語プログラミングという、言葉が心理に密接に関連することを解きほぐした理論を学びたいと思ったのも、きっとそんな理由なのかもしれませんね。

セッションでは、クライアントの使う言葉の種類ももちろん、使い方、口にするときのトーン、言いにくそうな言葉、多様する言葉、それらを聞き逃さず、すべてがその人を知るための手がかりとして刻まれていくのです。

人によって、使う言葉も使い方も本当に様々です。

指紋の複雑さよりも、多様性が激しいかもしれません。

話し方、というのは訓練されて均一化される場合もありますが、自由に何かを書くと、その個性が明確になる場合も多いですよね。

お客様の声で、以前に紹介した、こちらの方も、独特の言葉遣いでセッションを表現されて、ほう、と感嘆したものです。

お客様の声【東京在住】
右斜め上からの考え方や智恵に出会える体験でモヤモヤ解消

独特、ユニーク、想定外、ということを、「右斜め上」と表現されるなんて、素敵ではありませんか。

彼女はクリエイティブな、アーティスト系のお仕事をされているのですが、なんかやっぱり言葉の感覚でさえも研ぎ澄まされていくのでしょうか。

そして、こちらのクライアントも、とても流暢にドバーッと大量にお話され、たっぷりとしたメールやコメントをサクサクっと書かれているご様子なのに、使う言葉や表現が本当に独特。

こういう表現というのは、どうやったら生まれてくるのかな。

そもそも、人はどうやって、表現を学ぶのだろう?

そんなことを思いめぐらしてしまうほど、不思議で楽しいです。

これ、絶対に私が創作したものじゃありませんよ、と言い訳しなくても、誰もがわかるはず(笑)。

お客様の声【東京在住】
点と点との2時間の対話が後から膨らんでいく体験

会話したふたりにしか、わからないであろうニュアンスがたっぷりのお客様の声。

2時間をこんな風に有効に使って、セッションの後からでも、どんどん膨らむ体験をしていただけるなんて、嬉しい限りです。

 

アラフィフ主婦が、子育てからの卒業をするときに思うこと。

そんなセッションのテーマでしたが、まさに人生再起動の瞬間を迎えて、自分との真剣な対話をし始めた彼女のストーリーが新鮮で刺激的でした。

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!