会社卒業50代女性。1年前の自分が子どものように微笑ましい

20日にお知らせします、と言っていたことの最終準備中。

あと数日、お時間、いただきまーす。

と言いつつ、明日くらいにドカンと告知しちゃうかも。

なんか、同じことの繰り返しばかりもつまらないので、

今回は、まるで新しいプログラムを熟成中なのです。

テーマは、「愛」(笑)。

そして、「自己肯定感」。

そして、「交換日記」(笑)。

 

なんのことやら、ですね(笑)。

 

さて(と、平気で話題を変えます)

1年7カ月前に、東京でスポットセッションを受けた50代女性が

その後の大変化を綴った長いメールをくださいました。

最近、アップしている「お客さまの声」に刺激されてなのか、

最近、お礼のお便りいただくことが多いのです。

履歴書チェックの皆様からも、毎日のように届いて、嬉しい。

 

さて、その50代女性(年齢強調してすみません)。

長いことお勤めした会社を、ちょうど1年前に退社しました。

その先の未来がいろいろ不安で、セッションで整理したいと

訪ねてくださったわけです。

 

ご自身にとって記念すべき退職=会社員卒業の日から一年。

セッションを思い出して、お便りをくださった、というわけです。

セッション前に、「今」を整理するための質問用紙に記入いただくのですが、

それを引っ張り出してみたところ、驚愕。

 

「たった1年7ヶ月前のことなのに、

自分が何を書いたのかをきれいさっぱり忘れていたんです!

思わず子どもの自分を見つけたような

微笑ましい気持ちになりましたよ」

 

おもしろいものですね〜。

 

最近、Facebookのプロフィール写真を変えているのを拝見したばかりでしたが、

そのスマイルに、私はちゃんと気がついていました。

ああ、コンプレックスって言っていたこと、

ちゃんと向き合って、根本解決されたんだなあ〜。

 

「…も解決しまして、堂々とにっこり笑えるようになりました!」

 

 

言われなければ、他人は全然気にしてないことでも、

自分にとってどうしても気になるってこと、ありますよね。

それが、セルフイメージをグンと下げてしまう、なんてこと。

人生100年時代、50代だって、まだまだ残りは何十年もある。

下手したら、半分も、ある(驚!!)

だから、遅いなんてこと、どっこにもないのです。

爽やかで、華麗な人生再起動を見せていただきました。

 

「いやいやほんと、背中を押してくださってありがとうございました。

これから毎年12月は、新しい生活を始める月になりそうです」

 

こちらこそ、嬉しくなるコメントいただき、感激です。

背中を押す、とはよく言われる言葉ですが、

でも、そんなに力は使ってないです。

クライアントのツボが見えるので、そこをそっと突いてみる。

すると、彼らが自分で、すっとバンジージャンプしちゃうんですよね。

お客さまの声特集はこちらから