やりたくないことをやめ、やりたいことを始める方法

相変わらず、やりたいことが次から次へとあふれ出て、

時間の在庫が足りなすぎて、途方にくれる今日この頃。

家も出ずに、集中しているから、

英語のレッスンやら、コーチングセッションやらが、

素晴らしい気分転換になっていて、申し訳ないくらいに楽しい(笑)。

いや、申し訳ないと思う必要はないのだけれど。

 

先日の月例「人生再起動クラブ」グループセッションでは、

2020年にチャレンジしたいことは何か?

その宣言を、日付入りで行う、なんてことをいたしました。

やり方なんてわからなくても、

できる自信なんか、どこにもなくても、

とりあえず言ったもん勝ち。

らしい。

 

夢は紙に書けば叶う、というのは、理屈はいろいろあれど、

どうやら本当らしくて、

その紙の存在を忘れていたクライアントでさえ、

「見直してみたら、なんだか全部がなんとなく実現してたんです」

昨日も、そんな言葉が聞かれたばかり。

不思議だけど、人間の潜在意識の働きって、

我々が認識している以上に、スゴイのでしょう。

 

だからこそ、

思うことが、まず第一。

思ったら、それを実現するための、時間を確保するのも、とても大事。

そこができずに、諦めちゃったことが、いかに多いか…。

そして、そんなことがあると、

思うのが怖くなっちゃったりもする。

それが一番、ダメダメなこと。

 

やりたくないことを、やめること。

そして、時間を創ること。

そこに、やりたいことを、はめこんでいく。

確実に、「始める」。

始めることから、始める。

謎解きみたいだけれど、始めないと、始まらない。

始めると、失敗することも出てくるので、

 

怖い。

 

だから、始めない、という選択をしたがる潜在意識もそこにある。

そこに、負けずに挑むことです。

 

だって、失敗しないと、学べないんだものね。

いやだけどね。痛いけどね。

ちょいと落ち込むし、傷つくし、ときに時間やお金も損した気分になるし。

いくら、レッスンだった、とはいえ、

本当ならば、目に見えて、手に触れる結果、というものがほしくなるのが人間。

 

だからね、ひとりじゃ、やっぱり、難しいのです。

弱くなった心に、いろんなものが忍び込む。

コーチなり、コンサルなり、仲間なり、その全部なり。

心強い「伴走者」が必要だったりするんです。

とにかく、これを忘れずに。

なんだか、念仏のようですが(笑)。

一番大切なことは、
一番大切なことを、
一番大切にすることである