あなたブランドの築き方。いまいち成果につながらないにはワケがある

そろそろ自分をブランドにしたい!

40歳まで、まじめに、実直に、勉強や仕事に従事して、

立派な成果を出してきたクライアントが、月例レポートにこんな言葉を書いてきました。

 

「自分の仕事をブランドにすることも大事だと思う」

 

セッションでは、この意図は何?ということが、ひとつのテーマになったのですが、

彼女いわく、同じ結果を出したり、同じことを言ったりしても、

人によって、評価が変わるという現実がある。

それをアンフェアと批難したり、愚痴を言っても、

その事実が変わるわけじゃなし。

 

何かで一度、「すごい人」と評価された人は、

次に、別にたいしたことを言ってなくても、

皆がふんふん、うなづいたりもする。

 

なるほど、やっぱり、そうなるのが得策なんだろうなと悟り、

「自分ブランド化」に関心を持ったということでした。

 

信用経済に必要な「財産」とは

世は信用経済。

どれだけ人から評価を受けているか、

その前に、どれだけの人に知られているか、

誰に、知られているか、

どんな人として、知られているのか。

それらがとっても大事な時代になっています。

 

露出が多いのは、当たり前。

態度に自信があるのも、当たり前。

 

ブランドは、マイナス方向にも強く働くので、

「こいつが言うから信用できない」となったら、最悪です。

 

じゃあ、どうしたら…?

 

スルーされるのは残酷で残念なこと

ブランドになるって、やっぱり「得」だとは思います。

どんな努力してても、それが全部スルーされちゃうって、

悲しいし、残酷です。

 

承認欲求以前の問題で、まずは「認識」してほしい。

人が欲しているのは、このアクノレッジメントなのだ、ということも、

最近、よく言われていますよね。

 

SNS時代に突きつけられた、人間の本質です。

見てみて〜、私はここにいるの。

ねえ、こんなことやったのよ。

ほら、すごいでしょ、偉いでしょ。

っていうのを、ちゃんと見て、認知して、うなづいてほしいのですよね。

 

コンテンツとブランド力は掛け算!

彼女は、セッション後のフォローアップメールで、宣言しました。

 

「そうですね、来年はブランディングの年にしようと思います!

コンテンツとブランド力は掛け算ですよね

外堀うめてみます。」

 

もともと実力ある人が、殻を破ってイメージ戦略も身につければ、

 

鬼に金棒。

 

人に頼らず、自分でできることは何でもやる。

自分を遠くに連れて行ってくれるのは、あくまでも自分。

そこに覚悟が座っていけば、

あとは人にヘルプを求めることも平気でできるようになります。

 

ブランディングって、でも、何なんでしょうね。

具体的に、何をすればブランドになれるのか。

10月の人生再起動クラブの動画セミナーは、これをテーマにしてみたいと思います。

3年前に、LAでこんなセミナーやってました。

自分ブランドで稼ぐために不可欠な
「これだけは知っておきたい
 パーソナルマーケティング」

 

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!