他人の価値観からの離脱が人生再起動のファーストゴール

コーチングを受ける目的として、会社員を卒業して、ひとり起業して、

自由なライフスタイルを築くことを上げる人は多い。

でも、一度会社は辞めるものの、結果として、

再び会社員という立場に戻る人も、いっぱいいます。

 

それを、コーチングの成果がなかったとか、

人生再起動に失敗したとか、

お金を無駄にしたとか、

傍から見て言いたくなる人もいるのかもしれないけれど、

実は全然そうじゃないんですよね。

 

そもそも失敗、という言葉はどこから出るかというと、

起業を目指したのにできなかった、とか、

前いた会社より、給与やベネフィットが下がった、とか、

「他人の目から見た価値観」によるものがほとんど。

 

人生再起動を志した人たちは、そういう他人の目を自分の中に発見して、

フィルターかけて取り除く方法を学んでいきます。

だから、人が何を言おうと気にならないし、そもそも耳に入らない。

そんな軸の座ったメンタルが培われていくんですね。

 

憧れと、好きと、得意と、稼げることとは、それぞれ違います。

突き進んでいる内に、その違いが明確になって、

より自分らしい選択が可能になった結果が、

再び会社に戻る、ということだったりするのです。

それは成功でも失敗でもなく、次の目的地までの、ただの通過点。

 

いくつもある選択肢の中から、どれを選ぶかは、大きな決断に見えますが、

岐路の一方の道を行ったつもりが、ぐんぐん進んでみた先で、

実は同じ場所につながっていたりすることも、時として、あります。

ああ、ただ、行き方が違っただけで、探していたのは同じ理想だったんだ、

そんな一世一代の気づきは、「幸せ」以外の何ものでもありませんよね。

 

他人任せにしていた未来を、自分で舵取りすることができることを思い出す。

生き方の選択権を、自分の手のひらに取り戻す。

そんな感覚をつかめただけでも、人生再起動は価値ある冒険に違いありません。

 

会社員というセイフヘイブンを選びつつ、未来のために再始動。

今度は、前のようには働かない。

今度は、前のように利用されない。

会社や上司や同僚との距離の測り方も、よくわかってる。

 

だから、大丈夫。

 

恐れずに、スタートを切ってみるとわかります。

そこには、成功とか、失敗とか、そんな言葉に当てはまるものなど、

どこにもないことを。

 

失敗、というものがあるとするならば、

失敗という幻想を恐れて、本当にしたいことをやらず、

本当はしたくないことを、心を無にして続けることだけです。


失敗が怖くて始められない?
成功しない人のネガティブサイクル