何日、連休、取れますか?

30年近く前に、同じ職場で働いていた友人が、

今は、オカタイ日本の由緒正しきホワイト上場企業にお勤め中。

非正規から入って、仕事ができる人だから、なんだか正規の良いポジションには上がったそう。

娘の学生時代の思い出に、一緒にシルクロード旅行がしたい、ということで、

理想は3週間、でも最大限、妥協して、なんとか11日間…?

と思ったら、上司は10日はいいけど、11日はダメ!と言うのだそう。

なんだそりゃ?と思った私は、思わずFB上で、こんなコメントをして、しばらく対話が続いたのでした。

「シラ〜ッと行って前例作ったらヒーローになれるかも(笑)。

彼女「休暇届けにハンコ貰えないわよーw」

「要らないよ。奴隷じゃないんだから。」

彼女「ほんと、社畜って言葉がぴったりね。それはその上司自身も。

当初計画を話した時には、なんとか行かせてあげたいって言ってたんだけど、

自分の身が心配になったみたいで掌返されました(笑)」

無責任にけしかける私、ひどいですか?(笑)

たった1日の差でハンコくれない上司も上司だけれど、それで泣く泣く諦めなくてはいけないなんて、残念すぎ。

自分は、そういえば、25年前、パートナーとの移住を決めたゴールデンウイークの旅で、

フライトがオーバーブッキングで乗れませんでした、と嘘ついて、GWの最大日数を数日越えて、しらっと休んだ、という実績があります(笑)。

全行程としては、14日間くらいでしたかね。

もう辞めて移住することを決めてたので、怖いものはなかったからできた、という感じです。

帰国後に、上司に面談を申し込み、怒られる前に、退社宣告したという…(イヤな社員…苦笑)。

でも、ハワイで会社の社長になって、まあ経験も積んだ頃になって、鍛えられたなあ、と思ったのが、

アメリカ人社員が「3週間の休暇届」をいきなり出してきたこと。

それも、かなりギリギリで、いかにも確信犯なんです。

家族を連れて、故郷のニューヨークと、奥さんの故郷のロサンゼルスを帰省旅行する。

チケットももう取れてしまって(取って、だろ、と陰でツッコミ)子供の休みとか、いろんな都合を考えると、この日程しかないんです、

と、シラーっとした感じ。

有給は2週間しか残ってないじゃん、と言うと、すでに答えも考えてあって、

「1週間分は、無給で差し引いてくれればいい」とのこと。

人事のアドバイザーに聞いてみると、別にそれを法的にダメ、とする規定はないと。

緊急な用事は、全部メールでちゃんとやるから、という約束のもと、

他の社員はブーブー言って、私にクレームしたりしてましたが、旅立っていきました。

しかし、驚いたのは、終わってみれば、なんだか「あっという間」に感じたことです。

彼も口ばっかりで、実は仕事なんて全然してなかったのですが(する義務もないけれど)

大きなトラブルもなく、こちらの印象としては、「あれ、もう帰ってきたの?」だったのです。

それ以後、別なアメリカ人社員も、3週間、休んだりして、皆に免疫ができた感じ。

そもそも、ひとりが休んだくらいで回らない会社なら、その組織の作り方がおかしいんだな、ということも学びました。

そして、「仕事って、詰めてやれば、3週間分くらい、前後でやりくりできちゃうんだ」ということも。

皆、忙しい、忙しい、仕事があふれて…って言いながら、

実は、余計なことを、い〜っぱいやっているもんなんですよね。

良い教訓です。

さて、質問です。

「あなたは、最長で何日間の旅に出られますか?」

仕事はあるもの。お金は、とりあえず問題ではない、とします。

今年のゴールデンウイークは、10連休が多いようですが、「皆が一斉に休む」から、何もかもが高いし、劇的に混む。

そんな「皆と一緒」な暮らしは、人生再起動では、望んではいけません。

それは、自由でもなんでもない。

皆が働いているときに、どれだけ連続で旅に出て、遊べるか。

そういう自由が、今の自分にあるかどうか、そういう質問です。

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!

>