走るの止めたら痩せちゃったダイエットの不思議

先週は、ロサンゼルスでLAマラソンが開催されて、

友人らの勇姿がFacebookに上がっていました。

去年は、走ったんだよな〜と、ものすごく遠い目になってしまいました。

というのも、5月にもフルマラソンをしているのですが、

それ以後の10ヶ月というもの、一度に15キロ以上、走ったことがない。

それどころか、この2ヶ月ほど、

「一度も走っていない」

そんなことって、この20年のマラソン人生で初めてなんです。


犬の散歩がかなり早歩きだったり、ときに猛ダッシュさせられたりするので、

歩いてはいます。

しかも、一日に1時間〜1時間半も(笑)。

そうしないと、エネルギーが有り余って、後でたいへんなことになるので、

ある意味、時間を有効的に稼ぐための、「投資」と思ってやっています(笑)。


しかし、走行距離がほぼゼロに近くなったのに、このところの体の絞れ方といったら、

人生最高の状態? と思うほど。

自分で言うのもなんですが、切れっ切れなんですよ。

体脂肪が落ちて、体重は減少。

持久力とか、回復力とか、前よりもかえって、良い感じ。


ほとんど有酸素運動しないで、なぜ?って感じですよね。

食べ物も、食べ方も、食べる量も変えてません。

まあ、答えは単純で、ひとえに質の高い筋トレのせいなんです。

やり方を、変えてみた。

しかも、時間は「半減」しています。

前よりも短い時間、集中して、でも、もう無理ってところまで、やるだけ。

たくさんの種目をやる必要もなくて、目安は15分。

それを教えてくれたのは、元クライアントで、

現在は人生再起動クラブのメンバーとして参加してくれている

トレーニングコーチの久保木ヒロユキさん。
http://hiroyukikuboki.com/

メルマガやブログで教えてくれることに、とっても説得力があり、

ビデオで見せてくれるメニューを自分なりにやってみると、

あら不思議。

筋力がぐんと上がって、体重がシュルシュルと減っていったんです。

体脂肪を落としたり、持久力を上げるには、有酸素運動が必須。

そんな「自己暗示」からの開放感が、今はたまらなく嬉しい感じ。


体力が落ちたとか、若い頃のように無理がきかない、とか、

40歳を過ぎると、つい口癖として言ってしまう人もいるのですが、

そういう自分の「常識」こそ、実は「非常識」かもしれないので、

まずは、アタマを柔らかくして、思い込みにだまされないようにしたいですね。

時折、やり方を変えてみると、違う世界が見えてきたりします。

これ、いろんなことに応用できるので、考えてみてください。

「あなたが、見直したいことはなんですか?」
「あなたが、行き詰まっていることはなんですか?」

当たり前、これじゃなきゃ、と思っていることに、ヒントはあるかもしれません。

本日のおすすめの書です。
「うまくいったやり方から捨てなさい」