親をどうする? 自分はどうする?

先週の、人生再起動クラブのグループセッションでは、

生と死、なんてテーマで15−6名の皆さんとお話をしました。

世代や、背景に関係なく、日頃は話すことのないトピックスで、心を刺激しあえるのは、本当に素敵です。

人生再起動クラブって何だっけ?

先日も、身近な名前の有名なスターが亡くなられたりして。

大人世代になればなるほど、「死」を意識する場面が増えていくのは、まあやむを得ないことでしょう。

セッションの中「お葬式」の話になって、アメリカ在住の参加者から、

「セレブレーション・オブ・ライフ」という言い方で、

故人を偲んで悲しむというよりも、その人の生きた証を皆で祝い合う、

とても明るい感覚の場として演出された会に参加して良かった、

そんな話がシェアされました。

他にも数名のアメリカ在住者さんが、知ってる〜と同意の声。

人の「死」にフォーカスをするのではなく、「生きたこと=生命」を祝う喜びの場。

日本だと、不謹慎、みたいなことを言われがちかもしれませんが、

アメリカでは、今、あちこちで催されて人気のようです。

身内だけでお葬式を終えた後の、アフターパーティ的な感覚、ですね。

がんがん騒いじゃうぜ〜、みたいなノリから、結婚式のスライドショー的なものまで、

きっと故人に合わせて、趣向を凝らした内容になるのでしょう。

お葬式とかにまつわる「義務感」みたいなものが、得意ではない私ですが、

そういう会は、素敵だな、と思います。

自分も、別に涙してほしくなんかないので、単に集まるきっかけとして利用してくれたらいいし、

単純に、パーッと華やかな場として、祝ってほしいですね〜。

せっかく楽しく生きてきたんだし、

この人と一緒の時間を過ごせて良かったねって、

そんな風に皆が笑ってくれる時間があれば、本望なのかな、って。

世界に散らばる皆が集まるのって、たいへんだし、

ZOOMでオンラインでやってくれたら、それでいっかな(笑)。

…というか、そういうのすら、なくてもいいかな、と思う自分もいたりします。

報せを耳にしたとき、それぞれが、心の中で、なんらか感じるんだろうし、

それが秒単位であろうとも、もうすでに十分過ぎるほど、十分なのかもしれない、なんて。

3年前に、よく一緒に遊んだ親友のご主人(同い年)が旅行中のハワイで突然死したのですが、

息子が小学校を卒業したよと、友がラインで写真を送ってくれました。

命は繋がれて、生き続けているんですよね。

子どもがいないと、どうなんだろう?

そんなことも少し考えさせられる本を、ふと手に取りました。

Kindleの日替わりセール、本がたまりにたまって危険です(笑)。

「親をどうする」ってタイトルなんですが、

いやいや、「自分をどうする?」っていうことばかりが頭を渦巻く、

とっても良い本でした。

マンガだからこそ表現できる世界観。

おすすめです。