誰と一緒にいるかが一番大事。またひとつ目撃情報

10月のとある日本の日曜、朝9時。ダラスは土曜の夜7時。

私が主宰するオンラインサロン「人生再起動クラブ」のグループコーチングセッションが行われました。

 

今月は出張もあったので、月に1回。

人が入れ替わりながら、延べ15−6名参加していたでしょうか。

 

ZOOMを使った多人数ビデオ会議ですが、大人数で一緒に話もできるし、少グループに分かれての対話も簡単。

スライドを使ったセミナーだって、シームレスでできて便利です。

 

日本各地の他に、シアトル、サンディエゴ、ロサンゼルス、ダラス、オーストラリアのパースなど、参加者の居住地はバラバラ。

でも、何か思いを共有できるところがあり、集まった仲間です。

 

ひとりが、とあるサービスをスタートしたのだけれど、匿名的なブログでは発表できても、なかなかそれをフェイスブックに載せるのが難しくて…と相談すると、

他のメンバーが、自らの体験を包み隠さず共有し始めます。

 

私を含めて、皆、そこにハードルってあるものなのです。

中でも、一番気になるのは、「知り合いになんか言われたら…」ということですよね。

今まで普段着のおつきあいをしていた人が、突然プロフェッショナルな顔で語り始めたら、違和感と多少の恥ずかしさで、からかってみたくなるものかもしれません。

 

私も、「へ~、上野さんって、スゴイんだね、人に人生教えちゃうんだ~」なんて、嫌味にも似たコメントをいただいたこともあり。

でも、それは、そのオジサンが、なんて言っていいかわからなくて、ちょっと言葉の選択を間違えただけのことかな、と。

悪気、というのは、別にあったわけじゃないはずです。

 

と、私はあえて確信犯的に、都合の良い解釈をすることを選んでいます。

その方が、生きるのが楽だから(笑)。

 

 

昨日の皆が、相談者の思いに共感しつつも共通して言ったのは、この言葉。

 

「最初だけですよ」

そして、

「気にしていたことは、結局、まったく起こらなかったです」

 

そう断言してくれる人もいて、ほんとだよね、そうだよね、皆、妄想していただけなんだよね、とわかる。

 

昨日は、いろんな「しつもん」を通して、少人数グループにわかれて互いの価値観についてディスカッション。

まるでお茶の間かカフェでお話しているかのように、親密に互いのことを知り合える瞬間。

カフェよりも、実は自宅でひっそりとしている環境ゆえに、心も開放され、より親密度も増すんですよね。

 

相談者さんは、その後、早速、自らのサービス立ち上げをFacebookで公開していました。

 

勇気ある行動! そして、素早い動き!

 

すぐにやる。思い切ってやる。やったら、あとはグズグズ考えない。

その次の行動に目線を移して、やるべきことをやるだけです。

 

立ち上げたら、すぐにうまくいくわけじゃないですからね。

そこから始まるチャレンジの方が、実ははるかにたいへんだ~ということが、やってみるとわかります。

 

とはいえ、大事な、大事な一歩を踏み出せたのは、貴重な仲間のおかげでした。

私もなんだかジーンとした体験です。ありがとう、と皆に感謝。

 

皆で一緒に有意義な人生を楽しもうよという、共感と成長のエネルギーに満ち溢れたコミュニティが「人生再起動クラブ」です。

仲間に加わりたい方は、まずは30日の無料体験期間をご利用ください。

人生再起動クラブに体験参加してみる

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!