人との関係を壊す思い込みとや決めつけ。3つのワナに気をつけよう

コーチングセッションで、未来に向けての希望がむくむくっと湧いてきて、あれもしたい、これもしたい、とリストがいっぱいになったりもするのに、でも、あることを不安に思って、行動が止まる、というケースがよくあります。

それは、「人間関係」。

発信をしたいのだけれど、怖くてできない。

もっと強くセールスしたいのに、どう思われるか不安で遠慮しちゃう。

あるいは、なんだかいつも人を怒らすので、つい足がすくんじゃう、とか…。

人との距離間が取りにくい方や、関係構築を避けてきた若葉マークの方には、とても多い悩みです。

人に誤解をされてしまいがちだし、人が怒ってしまうこともある。

だから、不安。だから、怖い。だから、面倒。

過去のプチトラウマが原因となって、そんな思いで足がすくんでしまうのは、とても残念なことですね。

何をやるにも、「人との関わり」というのは避けがたく出てくるものですし、

人生再起動を華麗に実現するには、「人間関係の充実=人とのほど良いつながり感」が、ひとつの鍵だったりもするからです。

いろいろとお話をうかがっていると、どうやら思考の癖も影響しているようです。

思い込みやら決めつけやら先入観やら偏見やらで人や物事を見るメガネのレンズが歪んでしまっていて、そのせいで

1.人の言葉を正面から受けそこねている
2.アウトプットにひと癖ある

1のせいで、2がでてしまう場合もあれば、2のせいで、望むレスポンスが得られていない場合もあります。

そんなときは、自分の思考や言葉に潜む、3つの要素をチェックしてみると効果的です。その3つとは、

1.一般化(Generalization)
2.歪曲(Distortion)
3.省略(Omitance)

1の一般化は、数少ないケースしか知らないのに、それを「全体」に通ずる「共通項」だと決めつけること。

日本人ってさあ、とか。
女ってさあ、とか。
年だから、IT系はダメで、とか。
成功者は冷たい、とか。

そんな言葉が自分から出るようだとしたら、要注意。

人は千差万別。個々によって違うもの。

自分では個人の権利や違いを主張するのに、他人のことは決めつけていたら、健全な人間関係など築けるはずもありませんよね。

2の歪曲は、自分がたまたま見たケースを「真理」だと思い込み、勝手に因果関係を方程式にしちゃうこと。

私はブスだから、上司に声もかけてもらえない、とか。
あの人は今、目を伏せたから、嘘をついている、とか。
返事が短いから迷惑だと思っているに違いない、とか。

既読スルーに、勝手に意味をいっぱい紐づけちゃうのも、これですね(笑)。

追求してみたら、単なる思いすごし、たまたま、勘違いって、ことばっかりかもしれません。

3の省略は、主語や目的語など、具体的な表現が欠如していることで、健全なコミュニケーションをじゃましているようなケース。

前に友人が仕事場から電話してきて、

「ねえねえ、ブログやりたいんだけど、アメブロとワードプレス、どっちがいいの?」

そんな風に聞いてきたことがあります。

たまたま運転中で、会話も集中してできない状況だったのですが、当たり前のごとく即答を期待している。

これなんか、本当に困る質問なんですよね(苦笑)。

誰が、どんな目的で、いつ、どういう条件で始めるのかの情報が、ごっそり抜けています。

よく5W1Hとか言いますが、そこにWhy?という、目的をきちんと足して、6W1Hの対話をしない限り、

決して、望む答えなど得られないのです。

このように一般化、歪曲、省略というのは、日常の中で当たり前に行われていることなのですが、日頃の自分の癖を知るのは、なかなか難しいもの。

だからこそ、カウンセラーやセラピスト、コーチとの対話によって、自分の言葉の癖=思考の癖を見つけてもらうことが大事なんですよね。

癖のあるフォームで、いくら素振り練習ばっかりしてみても、なかなかヒットは打てなかったりする。

いろんな打球に対応できる未来の自分になるためにも、ここは気をつけてみると、意外な発見がある分野なんです。

慣れてくれば、ミラーの前で素振りチェックするみたいに、自分の言葉も思考も「聴こえてくる」ようになります。

大事なのは、「会話なんて、そういうものだ」と思って、自分にも、相手に期待しすぎないことです。

そして、お互いの言葉の足らないところを適切な質問で補い合い、丁寧にフォローをし、性善説の思いやりを持って望むこと。

会話はまさにキャッチボール。

一回で通じないからダメ、なんじゃないのですよね。

これが飲み込めてくると、人との関係も劇的に変化して、人付き合いがグンと楽しいものになっていきます。

一般化について書いた、この記事も参考に。

思い込みは、人間関係を壊すだけでなく
自分の可能性もがんじがらめにしてしまう

関連記事