自分をバージョンアップして、未来の選択を増やそう!

大人マインドのホームパーティがELB交流会

1月は、半年ぶりにエルブ交流会に参加してきました。

エルブとは、ELB=Enjoy Life and Businessの略。

業界も、年齢も、住んでいる場所も関係なく、なぜか世界中、日本全国から参加者が集まってくる不思議な会。

今回も、25名の参加者で真夜中近くまで盛り上がりました。上の写真は、主催、幹事の高木明子さんです。

こちらは全体写真。落ち着いた大人世代ばかり。交流会苦手~って人にこそ、体験してほしい、しっとりした大人のホームパーティみたいなものです。

良い意味で年齢不詳な大人世代の方々ばかりで、まさにライフスタイルとビジネスを自分らしくエンジョイする人たちとの出会いという主旨にぴったり。

初めての方、おひとり参加の方が半数以上でしたが、全然関係なく会話が弾んでいて何よりです。気後れなんて、もったいないですからね。

年齢を言い訳にするのは、もうやめよう!

ちょうどその前に東京で行った個人セッションと、交流会で会った2人の30代後半女性が、「もう私30幾つなんで」と同じ枕詞で自分を表現したので、ビシッと指摘しました。

もうって、何? だから?と。

この、もう、いくついくついくつだから、と言うのは日本でよく言われることだと思うのですが、年齢で自分の可能性を制限する危険な言葉ですよね。

少なくとも、50代後半に入ったおじさまを目の前にして言うことかい?(笑)

どうやら40代後半ばかりの参加者の中で、いったい何を制限かけているのかな。

こういう何気ない会話の中に、自分を抑制する限定ワード、考え方、リミティングビリーフが隠されていて、行動を縛っているのがわかります。

自分の中の常識を疑え!

自分が言う言葉って、意外に聞こえない。周囲の言葉に紛れて、いかにも常識的に響いたりするから要注意なんです。

もう40だから、前みたいに無理がきかなくて、というのもよく聞きますねえ。で、聞いてみると、単に、つまらないことをやり続けることができなくなってるだけだったりして。

大人になって賢くなった印なんですよ、というとキョトンとされますが。

若い頃は上からの圧力もあるし、それしか能がないこともあるから、長時間のがむしゃら行動で何とか切り抜けようとします。

でも、それで明るい未来が手に入ったのかというとそうじゃない。だから、そんな無理はもうしたくない。マインドが抵抗しているだけなのかもしれません。

鍛えてなければ、誰でも錆びつく

それに、鍛えてなければ、メンテナンスをしっかりしていなければ、何だって錆びついて性能を落とします。

交流会では、15分くらいのミニセミナーで、どんなことにメンテナンスして、性能アップ、バージョンアップを図るといいのかをお話ししました。

未来の選択を限りなく増やすために、年齢で自分を縛ってないで、未来型にバージョンアップしていきましょう。

どんなことをバージョンアップしていけばいいのかは、こちらで詳しく書いています。

↓ ↓ ↓ 

関連記事