• Evernoteに保存Evernoteに保存

出た~ドリームキラー! 心配の仮面で夢を壊す「友」に負けない秘訣

ドリームキラーは心配の仮面をかぶってやってくる

この冬で16年勤めた会社を卒業し、
自分の足で歩き始めるアラフォー
女性のクライアントがいます。

40代の女性の生き方。
いまや多彩な色合いを帯びて、本当に
こうでなければ!という枠からはみ出る
方が多くなっていますよね。

で、彼女、少しずつ、周りに話し始めたのですが
すると、まあ、意気消沈させるような
反応が返ってくるわけです。

おめでとう!
やったね!
ついに! 応援するね!

なーんて言葉を期待するものの、
まともにそんな言葉が聞かれることは
まずないでしょう。

深層心理の不安が、形になって返ってくる!

で、このようなメッセージが
メッセンジャーから飛び込んできました。

私の場合「メールサポート無制限」なので、
気持ちの乱れや、問題やら、解消できない
疑問があるときは、フェイブックやLINEで、
さくっとやりとりするのが日常です。

====
(以下、彼女のメッセンジャーを要約)

仲間から、仕事辞めて以後のこと、
物凄く心配してる。。と言われました。

この友人に限らず、○○の先生にも、
元上司にも心配されてます。

すごく有難いことなんですが、
心の底では少し凹み気味です。

出来る、何とかする!の気持ちより、
深層心理の不安が目の前に
差し出された感じ。

今は一歩一歩進むと思ってるんですが、
きっと会社やめたらもっと不安に
なるんだろうか?と。

過去にも他のことで色んな方に色々と
心配されてきたことまで思い出して。
ぐるぐるです。

…と上野さんに必死に書いてたんですが、
少し時間を置いたら、「努力すれば良い」に
気持ちが切り替わりました。

心配は心配でありがとう。
で横に置いとくことにしました。

=-=-=-=-=

という、自己完結のメッセージ(笑)。

安心しましたし、この一年で、ちゃんと
成長して、自身でここまで持ち直すことが
できるようになったのは、すごいなあ~と
感激しました。

ステージが一歩、前進した嬉しい証拠

わー、ドリームキラー来たね~(笑)と
私も返しました。

ドリームキラーが出るようになったら、
ステージが一歩前進したな、という証拠。

※ドリームキラーについては、こちらの記事を参照
http://www.hajimeueno.com/archives/2424

彼らは皆、心配という仮面をかぶって
くるんですよね~。本心なのでしょうが、
だから余計、始末が悪い。

それがどんなに人を意気消沈させるか、
どんなに生きる元気を削ぐことかも知らず、
「自分の」都合で、「勝手に」心配する。

一歩ひいて、本当に相手のためを思えば、
嘘でも芝居でも、「あなたならできる!」と
言ってあげたほうがいいに決まってるのに。

不安を燃えるエネルギーに転化する

私も、新しいことやるの大好きなので、
そのたびに、アレコレ言われてきました。

言われるたびに、あれ、自分、おかしい?
と疑ってしまって、ついつい立ち止まって
しまったりもしました。

でも、そのたびに「やってみなきゃわからない」
ということを思い出し、見てろよ~と
メラメラ燃えるエネルギーに転換してきた。

相談すると、そうなるのだから、じゃあ
相談なんか、やめたらいい。

割りと子どもの頃に、親に止められることが
多かったので(どんな子どもだったのか…)
あ、親に言うからいけないんだな、と悟り、
人には言わない習性が身につきました。

勝手にやる。ひとりで始める。
やってから、少し結果が見えたら話す。
決めて動けなくなってから、話す。

ハワイ移住もそうでしたし、そういえば
LA移住だって独立だって、そうでした。

やって失敗したら…ってことが心配で
言わないのではなくて、やる前に面倒な
ことで気を削がれたくないので言わない。

もちろん、信頼しているコーチや
コンサルは、別格な存在ですよ。

経験豊富なプロの助けは素直に得ながら、
自己流に陥らないように、基本を学び、
事例を観察し、ひたすら行動する。

それとこれは、別。

クライアントも、大きな一歩を踏み出したことで
あ、ドリームキラーってこんなことか~、と
わかった。

一度わかれば、以後はまた対処も違ってきますよね。
それが、メンタルが成長した、鍛えられたって
ことにつながるんだと思います。

成長の前には必ず、成長痛があります。
だから、痛みを怖がって何もしないと、
成長もない。

すべては、引き換えなんだなあ、と、
彼女の例から、またあらためて教わった
次第です。

 (無料メールマガジン「未来通信」より。登録はこちらから

関連記事