• Evernoteに保存Evernoteに保存

心は鍛えるものではなく、整えるものなのだ

なんか奈落の底に突き落とされるような
ドカーンという残念なことがあったかと
思うと、

それを補うかのように、嬉しいことが
連発で起きて、プラスマイナスでいうと
完全にプラス状態。

平穏無事に生きていたいと願いつつ、
どうしようもなくアップダウンは
ありますよね。

でもまあ、こうやって感情が乱される
ことがいっぱいあるくらいの方が、
人生は楽しいのかな(笑)。

あまりにもプラス系のことが連続して
飛び込んでくるので、まあ大丈夫だよ、
人生、そんな悪くないよ、って、
慰めていただいている気になりました。

身体は正直。耐性、という名の成長

一日ですっかり立ち直り(早すぎ・笑)、
昨日はビバリーヒルズ豪邸エリアを
何周もする32キロ走などやってきました。

本番は42キロなので、あと10キロ。
ここまで長距離を経験しておけば、
本番でいきなり身体がダメになることは
ありません。

身体って、本当に不思議なもので、
やったことのないことには、極端なくらい
拒否反応を示したりもします。

ホノルルマラソンとかで、悲痛な様相で
ひとりドラマを演じている皆様は、
完全に、ただの練習不足です(笑)。

あるいは、ペースを知らない経験不足か、
過信してペース配分間違ったか、
よっぽど調子が悪いか…。

本来、一度でも走ったことがある
距離ならば、なんとか普通に走り通せて
しまうものなのです。

ただ、42キロのフルマラソンだと、
なかなか本番の距離を走れない。
走ってもいいけど、疲れが残ったら
元も子もない。

だから、だいたい30キロくらい
走っておきなさいよ、というのが、
専門家のアドバイスです。

身体は正直なもので、耐性がつくのか、
ちゃんとそのきつさを記憶して、
うまく対応してくれるんですね。

「心」の耐性もつけていこう

関係ないことのようですが、人生の
すべてにおいて、このことは言える気が
しています。

「心」についても、同じことが言える。

一度、起きたことに対する耐性は、
いやでもついていくものです。

ときには、癒える間もなく次々に起こり、
傷が深まることもあるでしょうが、
それだって、時間が経てばちゃんと癒えて、
皮膚が硬くなるように防御もできる。

数日間、立て続けに、1年以上、おつきあい
しているクライアントさんたちから、
こんな言葉が寄せられています。

皆、それぞれに、いろんな局面をくぐり抜けて
やっとたどり着いた、この心境。
それだけに、私は感慨ひとしおです。

・最近なんだか、気持ちが
すごく軽くなって来ました!

・不安なことをどうしよう…って考えるより、
日々の有難いことや小さな幸せをちゃんと
味わって喜ぶようにしたら、きっと、
良い方向にしか進まないのでは?!と
思えてきています

・未来を見るのも大事。でも出来ることから
どんどん始めるのが大事。
なんかこの感覚が分かってきました。

・無条件に判断することなく、自分の歩む道を
冷静に見つめたいと思います

・昨日も○○と話していて、決断して
行動できた。これもコーチングのお陰だよね、と。
笑いながら話していたんです。

・わたしと子供は○○○で遊んで待ってますー。
幸せ~

・やりながら思いがググッと固まりました!

「心を整える」ことこそが、しあわせマインドの秘訣

メールサポート無制限、っていうのは、
大げさではなくて、本当に無制限で、
ときにはメッセンジャーやLINEで、延々と
1時間以上、やり取りしたりもしています。

でも、それがあるから、セッションも生きるし、
1ヶ月、という長い時間を無駄にしなくて済む。

こちらも密にサポートできるし、あちらも
報告する相手がいるだけで、喜んでくれる
人がいるというだけで、大きな支えになる。

他にも数名といろんなやりとりがあって、
なんか、この言葉をふと思い出しました。
「心を整える」

サッカーの長谷川選手が書いた本のタイトルで
ベストセラーになったので、覚えている方も
多いと思いますが、

当時働いていた会社の、同年代のおじさん
たちが(私含め)、こぞって若い社員に
読むのを勧めていた良書です。

「心は鍛えるものではなく、整えるものだ。
いかなる時も安定した心を備えることが、
常に力と結果を出せる秘訣だ」

そういうメッセージを込めた、メンタルを
強くするための実践術が書かれている割には、
と~っても爽やかな一冊。

ともすれば説教臭く、うさん臭く、
くどく、ぎとぎとしがちなテーマが、
さらっと書かれてて、多世代に受けたんですね。

心が整うと、いろんなことに対応しやすく
なっていくようです。

私がコーチングのプログラムで目指す
ひとつは、これだな、とやはり思います。
メンタルの強さ、ということですね。

その過程では、いろんな痛みや苦しみが
あったりもしますが、それもこれも、
すべては善き未来に役立ちます。

久しぶりの32キロランなどした後だから、
今日はかなり足が筋肉痛ですし、膝も
ぷくっと膨れて、足がガクガクします。

でもそれも含めて、未来の成果が想像できて
ワクワクすることだったりするのです。

(無料メールマガジン「未来通信」より。登録はこちらから

関連記事