• Evernoteに保存Evernoteに保存

ノウハウ、知識、経験を売って寝ている間も潤う方法

21日のロサンゼルスのセミナーは、遠距離の方からも好評で、急遽、やっぱり録画して配信することに決めました。

⇒ イゲット千恵子「未来型ブランディング講座」

ひとり幹事さんなので(笑)、当日、バタバタするのが嫌で、そこは触れずに来たのですが、アメリカも世界も広いですし、何より今回は、初公開の内容とあって、世界からリクエストがあったので、しょうがない。

というか、ありがたいリクエストです。日本からもいただいたりして、感謝。

最近は、セミナーの録画を販売して、再利用している方が多いですよね。

そのまま販売する方もいれば、ダイジェストにしてプロモーションに利用する場合もあり。

動画の力は、やっぱり絶大です。

セミナー、お茶会、行ければいいんだけれど、やはり、ある特定の場所に、ある時間に行ける確率って、この忙しい時代にまれな偶然だったりもするのです。

もちろん「生」の効用も絶対にあるのだけれど、内容を学びたいだけなら、動画で十分だったり。

買う人、利用する人も、どんどん増えていますし、皆がすっかり慣れてきましたよね。

Facebookのフォーラム機能などを併用すれば、仲間づくりもできたりするし。

ノウハウ、経験、知識は、オンラインで、がっつりと「売れる」ってことです。

えー、私なんかがセミナーなんてって、思ってしまう人も多いみたいなのですが、

会社では報告のためのプレゼンをしていたりする。

発表もしていたりする。

それと、同じことです。やることは、ほぼ一緒。

自分で勝手にハードル上げる必要ないんですよね。

ただ、そこに皆が来てくれるかどうかはまた別問題ですけれど(笑)。

私もハワイのカピオラニ公園で、iPhoneで撮った動画で、商品を作ったりしています。

今やそんな時代なんですね。

iPhone、iPad、スマホでOK。

ビデオ機器すらいりません。

音が気になる場所ならば、iPhone用のピンマイクが2000円台で売ってます。

自撮り棒+三脚+リモコン付だって、2000円台から買える。

素人でも簡単に編集できるソフトは、パソコンに標準で入っています。

Windowsにもマックにも、スマホにも。

さあ、やらない理由が、どんどんなくなって、困りますね(笑)。

ビデオが苦手ならば、ワードでがしがし文章を書きまくって、電子書籍やPDFの小冊子として販売してもいい。

音声だけだって、別に構わない。

iPhoneについてるマイク付きイヤフォンでしゃべって、そのまんまスマホに録音すればいいのです。

顔出ししたくない~っていうなら、パソコンでひとりプレゼンしてるのを同録して(すごく簡単にできるのですよ)それを動画コンテンツにすればいい。

サーバーなんて契約しなくても、YouTubeという無料のプラットフォームが開放されている。

課金はペイパルほか、便利な方法がいっぱい出てきてますよね。

デジタル商品にすることのメリットは、ちゃりんちゃりん、と寝ている間も勝手に稼いでくれること。

たとえ小額であったとしても、何もしないで入ってくるし、経費もかからないのだから、まるまる儲け、なんですよね。

ものを売る、作って売る、セッションする、というのは、時間や材料やら人件費やら、いろんなものがかかります。

年商なんとか!と勇ましいことを言っていても、実入りは実はその2割、3割、ということもある。

でも、オンラインコンテンツの場合、売れたら売れた分だけ、通常、利益です。

利益率が極めて高いので、数がそんなに売れなくても大丈夫なのも魅力です。

売るべきものがない…と思い込んでいる人も多いですが、人間、10年、20年と生きていれば、誰でも知識は持っています。

それを、「商品化」する頭があれば、それだけでいい。

あなたの学びは、意外にも(意外じゃないけど)他の方の学びにちゃんとつながるのです。

それを、堂々と売る勇気さえあれば、買う人はいます。

そんなことを教えてくれる本が、今なら無料で配布中送料だけで手に入ります。

アメリカでは、15年も前から「インフォプレナー」と言って、情報をお金に変えることが職業、稼ぎ方として定着しています。

怪しいことじゃなくて、有名、無名に関わらず、今では誰もがやっていることです。

私もそれを見てきたので、ああいずれ、こんな稼ぎ方して自由になれたらな、と、会社生活からの解放を夢見ていました。

時間も場所も、完全自由。

小遣い稼ぎにも副業にも、これ以上ない手法なんですよね。

無料配布の今のうちにどうぞ。

あなたの知識・経験・情熱を「デジタル商品」にして オンラインで売り出す方法

関連記事