• Evernoteに保存Evernoteに保存

偏頭痛が消える暮らし方。体調不良ってなに?

月に一度は偏頭痛で寝込むほどだというアラサー女子のクライアントがいます。

今は休職中で、ストレスもなく、体力も温存されまくっているはずが、おかしいなあと、深く聞いていきました。

ちなみに私も、ほぼ10年前までは強力な偏頭痛持ちで、鎮痛薬マニアかと思うほど(危)、いつも数種類を持ち歩いていました。

飛行機に乗ったら、ほぼ必ず。
目が疲れたら、ほぼ必ず。
タバコ吸ったら、ほぼ必ず。

とんでもない痛みが押し寄せて。一度なると、薬飲んでも、実は半日くらいは、治らない…。

目の奥が猛烈に痛んで、数時間は寝ないと、完全に治らないので、生産性なんて、最低の最低。

吐き気はするわ、悪寒はするわ、食欲はなく、不機嫌きわまりなく。

それが、今はもうピタッとないんです。

この8~9年、鎮痛薬は家にありません。

完全に不要になったからです。

10年前、とくにアメリカで話題になっていたのが、デトックス。

体内にたまった毒を排出すること。

偏頭痛と「体内毒素」の関係が盛んに言われるようになった頃で、その専門書を読んだことで、ある意味確信になったんですよね。

「あ、これで変われる」って。

その方法論はいろいろあるわけですが、大事な基本は、この2つだけです。

1)毒を体内に入れないこと

2)入った毒を効果的に出すこと

現代社会では、毒をまったく入れないのは無理なのですが、でも、ある程度の知識と知恵で、かなりは防げるようです。

そして、身体機能を根本から整えれば、自然治癒力が高まって、本来、身体に備わった解毒機能が、無理なく働きます。

そもそも、ですが、「何が毒なのか」を見極めないと、何をブロックしたり除去すべきかが、見えませんよね。

そこに、「常識」を疑うメンタリティが必要になってくるのです。

ここでも書きましたが、私は、食事を変えたことで、まず体質がガラリと変わりました。

⇒ 偏頭痛の解消、血液サラサラ、健康不安が一気に消えた。ベジタリアンの効能

あと、日本で歯の治療で使われていた金属類を徹底的に除去したことも、偏頭痛の解消には関連していると信じています。

それはこちらに書いています。

⇒ 口の中の金属を除去したら熱が出なくなり偏頭痛も消えた! 口の中からデトックス(解毒)

風邪をひいたりして、寝込むことなど、今や2年に一度、あるかないか。

気分が悪いとか、体調悪い、とか、可能性を考えることがなくなりました。

そんな日が、ないからです。

クライアントには、上の記事にもありますが、まずは食に関する知識をつけるといいよ、とアドバイス。

この映画、見るといいよと話しました。

300円で人生、変わるから、と。

フード・インク (字幕版)をAmazonビデオ-プライム・ビデオで
4.5 | 第82回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ノミネート!アメリカでは公開翌週に上映館が20倍となる大ヒット!まるで映画(フード・インク)のままのことが世界で起きている?!!(C)Paticipant Media

早速、見て、こんな感想を送ってくれました。

「さっそく見ました!

いや…裏側であんなことが起きてたなんてビックリです。

そりゃあ人間の体にも影響ないわけがないですね( ;´Д`)

最近は、食品の成分表示とか以前よりもシビアに見るようになりました。

それに、もっと食べ物にも感謝しようと思いました。」

幸い、彼女の旦那さんは、上質な雑穀を取り寄せて、自分で玄米と混ぜて、自家製五穀米を炊いて食べる人。

彼女は、白く柔らかいパンにマーガリンを塗って、ヨーグルトと一緒に食べる人。

「いつも、旦那には、もっと食のことをちゃんと考えろと言われてきました…」

ね、だいたいの場合、旦那さんって、神様みたいなアドバイスしてくれているんですよね(笑)。

え、彼女のご飯の何がいけないの?と、意味がわからない方は、食と健康にもっと注意を払うと良いと思います。

なんか、我慢するとか、修行するってことじゃなくて、毎日、気持ちよく快適に暮らすってことだけなんです。

限られた時間。限られた人生。

痛みや、不快や、辛さや病気と向き合う時間なんて、本当にもったいない。

偏頭痛のない暮らしって、解放感に満ち溢れて、バラ色です(笑)。


ロサンゼルス限定のお話になりますが、腸内環境を整えて、アンチエイジング、デトックス、美肌、エネルギーUPなどを実現する「リビングフード」に関するセミナーを開催します。

講師は、「発酵リビングフード —発酵のチカラで生なのに作りおき! 」の著者であり、Attivaリビングフードアカデミー学長のむっちゃん先生こと、睦美先生。

⇒ セミナーの案内はこちらから!

日本にいたら、きっと自分はフルコースを受けるに違いない、と思う、むっちゃん先生の講座&認定資格コースです。

⇒ 講座・認定資格オトクなパッケージプログラム

関連記事