• Evernoteに保存Evernoteに保存

人と比べて勝手に落ち込むの、禁止!


現行のクライアントさんが自由参加してくれている特典サービスの「Facebook非公開グループ」があります。

仲間意識を持ってくださったり、グループ内で交流して、ビジネスの話で盛り上がったり、助け合ったり。

個別セッションでは得られない「連帯感」が感じられる良い場だなあ、と思っています。

ワークショップの良さとかって、そういう横のつながり、刺激、ヒント、助け合いみたいなところにありますよね。

今は、それをオンラインの場で作れて、世界に散らばってても関係なくつながれて。

本当に素敵な時代です。

が、反面、横が見え過ぎて、でも実際には表面しか見えてなくて、「隣の芝生が青い」と勘違いしてしまう人も多いです。

皆がスゴい人に見える

自分だけができてないみたい

完成形を見て落ち込んだ…

課題を出して共有したりすると、途端にそんな言葉が出てきたりして。

これではグループでやることが、マイナス面になってしまいます。

「自由で自分らしいライフスタイルを作るんだ!」とか言いながら、いつまでも「人と自分を比べてる」。

いつまでも、外に正解を求めて自分との対話を深めようとしない。

それでは、ダメなんですよ。

間違っちゃダメですよ。

という思いで、新年早々、グループの皆さんに向けて送ったのが、標題の言葉。

「人と比べて勝手に落ち込むの、禁止!」

そうやって、人と自分とを比べている限り、人は一生、幸せになんかなれないのです。

月収7ケタだかを達成したところで、月収8ケタの人だって世の中にはいるし。

婚活が成功してやっと結婚したところで、それは単なるスタートであって、そこからが本当の「関係」のはじまりだし。

豪邸を買っても、ハワイに移住しても。

スターになってゴールデングローブ賞をもらっても(←タイムリーネタ)

いつだって、上には上がいる。

比べたら、きりがない。

そんなところに価値基準を置いたら、満たされない思いでエンドレス…

競争に何の意味もありません。

早く洗脳から抜け出して、勝ち負けじゃない価値基準を身に着けないと、一生、競争人生の奴隷になってしまいますよね。

「隣の芝生は青く見える」は、英語表現から来たものらしいのですが、実は、その英語表現には、後に続くオチが用意されていたりします。

「隣の芝生はより青く見えるものだ。

垣根を乗り越えていって、雑草が

生えているのを間近で見るまでは」

年末にブログやメルマガでお伝えした「ほめ日記」や「感謝日記」はやってみましたか?

やってみた方は、その後、続いていますか?

新年早々、もう挫折していませんか?(笑)

参考 ほめ日記と感謝日記で、未来を変える

隣の芝生が青く見えて落ち込みそうになったら、「ほめ日記」を思い出してやってみてくださいね。

そんなことを、2年前にもブログに書いていました。

言ってること、いつも一緒みたいです…(苦笑)。

ネタ不足、ではなくてですね、重要なことだから繰り返していると
思ってくださいね(笑)。

参考 隣の芝生はいつでも青く見える。淡々と自分の努力を続けよう

スポンサーリンク