• Evernoteに保存Evernoteに保存

お客様の声【東京在住】「未来の自分に自信が持てた!」管理職Nさん(40代男性)の感動ビフォア・アフター

949EDF22-7D04-4DE2-978F-6A2FBD6ED3A9

【東京都在住】Nさん(42歳・男性)

介護業界 管理職

Nさんは、ハワイ時代からブログを熱心に読んでいただいていて、ロサンゼルスに移住後もフェイスブックでつながっていてくださいました。

独立してライフコーチとなってすぐに連絡をいただき、彼にとってのベストなタイミングで毎月のセッションを開始。1年半を過ぎた今も、毎月一度、スカイプでセッションを続けています。

仕事のこと、恋愛のこと、資産構築のこと。「ライフ」にもいろいろな側面がありますから、テーマはつきません。当初は、仕事への充実感が感じられず、生きがいを求めてもがいているようなところからのスタートでした。

その後、見事に転職して早くも8カ月以上が経とうとしていますが、今、また新たな岐路に立っているところでもあります。そんなNさんに、コメントをいただきました!

Q1.ライフコーチを受けようと思った理由は?

Nさん 仕事にやり甲斐を感じられなかったから。

Q2.上野コーチを選んだ決め手はなんでしたか?

Nさん アロハストリート時代のブログの読者であり、上野さんに憧れの念を抱いていたから。(上野注:「アロハストリート」は、ハワイで人気の現地発フリー誌&ウエブサイトです。)

numasawa_ueno

日本でも何度かお会いしていますが、とても明るく、快活で、お話していてとても楽しい方です。最近は、交際中の彼女とご一緒させていただくことも。

Q3.ライフコーチを体験して、いかがでしたか?

Nさん 長年の考え方の癖や生活習慣というものがありますから、自分の場合は、1回や2回では、即、変化を認識するようなことにはなりませんでした。

しかし、自分のあるべき姿を書き出し、行動を起こし、行動を続けていると、(書いた事を)忘れた頃に、実現している事に驚きました。

  • おばあちゃん子から「高齢者」
  • 年上女性が好きから「年上女性に対する営業」
  • 研修担当で教える事が好きから「リハビリ」

上記は、自分の掘り起こしをじっくり行ってみて、初めて出てきたキーワードです。

40代になって、改めて自分を掘り起こす事で辿り着いた、リハビリに特化したデイサービス運営会社への転職でした。現在、さらに高みを目指すために活動中です。

Q4.読者へのおすすめの言葉をぜひ!

Nさん 上野さんのクライアントさんは、女性が多いようですが、私は特に「男性」にオススメします。

ハワイでの安定した立場から、アメリカ本土への挑戦。そして、個人事業主として独立。さらに、別の大きな夢もあり、努力を継続しています。50代で魅力ある方は沢山おりますが、現状からさらに飛躍した目標をお持ちの方は少ないです。

また、体型維持などの、セルフマネジメントへの意識の高さ。

ある年齢以上になると、思考は硬直化し、建設的なアドバイスさえ、耳に入らなくなる傾向があります。特にオーナー企業の経営者や、役職者は孤独であり、気づけば、周りには受動的な仕事しか出来ないイエスマンばかりで、売上は低迷。そんな状況に陥らないためにも、叱咤激励してくれるコーチの存在は必須です。

精神的なコーチングだけでなく、MBAホルダーで、経営の実務にも実績がある上野さんは、二人三脚の相手にはベストな選択です。私の場合は、転職時に職務経歴書の指導をしていただきました。経営者(採用する側)視点からのアドバイスは、即結果に繋がりました。

FullSizeRender (1)

ずっとやりたかったというサーフィンに、42歳で初挑戦! 新しいことを始めるのに、遅いということはありませんね。

 icon-thumbs-o-up 劇的コーチング効果のビフォア/アフター!

  ビフォア アフター Nさんのひとこと
現実のしんどい度 10 4 行動を起こした直後は、人生で一番大変だったと感じています。そして、現在も、課題をクリアして楽ができると思ったらトラブルが発生したりして、大変です。しかし、トラブル対処慣れしてきました。
毎日の充実度 1 7
「ゴールデンウィークの休み明け前に、スーツを燃やしました」という冗談がTwitterで出回っていましたが、私の場合、今の仕事が大好きですし、ワークスタイルが適しているので、仕事に行く事が苦痛ということは、ほとんどありません。
未来へのワクワク度 1 7
コーチングを受けた直後のようなワクワクでなく、未来の自分への期待や自信を持つことができるので、ワクワク出来ます。ただし、良い行動をすることが前提です。
自分の自信レベル 1 8
錆びた歯車が回り出す頃が一番大変です。ペーパードライバーだった自分が、送迎をすることができるようになりました。数名のマネジメント経験でしたが、30名をマネジメントする管理者になり、また、やらず嫌いの営業をこなし、そこに楽しみを感じられるようになりました。
知識/スキルレベル 1 7 営業研修は散々な結果で、当時の研修担当も、退職してしまうと感じていたようです。しかし、上野さんのお勧め本を読んだり、先輩の良い部分を取り入れました。また、自分なりのスタイルを愚直に貫き続けることで、次第に数字に表れるようになりました。 

 icon-comment-o 上野コーチからのひとこと

自分では自分を「不器用」と称したりするNさんですが、実は器用なんじゃないかなあ、と感じています。その器用さゆえ、時に自己流に陥ることもあり、手抜きをすることもあり(苦笑)。

ペースが乱れると、やはり揺り返しの要因にもなってしまって、せっかく整えた生活習慣が逆戻りしたり、ネガティブな考え方にとらわれたりします。

でも、「このままでは自分は変われないから」と、思い切って、まずは会社に辞表を提出。それから必死で転職活動をする、という、普通考えるとリスキーだなあと思われるようなことに挑戦。

でも、そうやって自分を追い込むことも時には大切だと思います。誰にでもおすすめする方法ではありませんが、Nさんはそれで、まったく違う業界の、まったく経験のない職種、役割をゲット。

苦手、と決めていた車の運転も、今やお客さんを載せて送迎をしたりもしているほど。初めて挑戦する営業も、コツコツと蒔いてきた種が芽を出し始め、楽しい、とすら感じられているとか。(上記ビフォア/アフターの「自信レベル」項目参照)

追い込まれれば、人間、何でもちゃんとやるんです。できるんです。というのは、Nさんも証明してくださっています。そして、真剣に取り組めば取り組むほど、楽しくなるんですよね。

新しい仕事のおかげで、彼女とも円満。限られた時間を共に過ごし、大好きなハワイにも近々、遊びに行ったりするようです。

長い人生の間には、何度も何度も曲がり角は来るでしょう。これで正解!と思った道が、いや違うかも、と思える時もある。そんな時も、ちゃんと前を向いて歩みを進めていれば、道はきっと開けてくると、彼の生き方から教えていただいています。

 icon-envelope-o 心に届くメールマガジン【未来通信】登録はこちらから

 icon-pencil ライフコーチに関するお問い合わせはこちらから

関連記事