• Evernoteに保存Evernoteに保存

自信がない?「だから」やるんです!

uenotriathlon2

セミナーのご案内などをしていると、時折「私なんかが行ってもいいのでしょうか?」なんてお問い合わせをいただいたりもします。

ライフコーチやコンサルのお問合せでもそう。

「私みたいな…」「私なんかが…」

そんな不安げな言葉がつらつらと続いたり。

あなたは過去に何か悪いことでもしたのですか?と突っ込みたくなるほど自分を下げているのです。

「ライフコーチなんて、すごい人が受けるものだと思うんですが…」ということが、どうも背景にはあるようです。

私が社長、編集長という「長」のつく仕事をしていたことも要因のひとつみたいではあります。

会社の社長さんとか、部長さんとか、肩書のある人はこうやって勝手に距離を置かれて、実は寂しい思いをしていたりするんですよ(笑)。

そんな方には、もちろん、はっきりお話します。

「そんな風におっしゃる方にこそ、ライフコーチはあるんですよ」と。

ただセルフイメージを上げるだけで、人生は「劇的に」好転していきますからね。

もうそれは驚くばかりの「劇的」な変化なんです。

なのに、こんな風に思っていたら、最初のきっかけをつかむことができないでしょう。

自信ができたら、参加しよう

自信ができたら、踏み出そう

自信ができたら…

報告できる進捗がないからセッションしても…とか言っちゃうクライアントさんもいて、いやあ、そんなあなただからこそ、セッションした方がいいんじゃない?と突っ込みたくなります(苦笑)。

これを言うと、いつもグルグルと禅問答みたいになってしまうのですが、結局のところ、「自信」は、やらないとつかないものなんですよね。

自信がないからできない。私なんか…と尻込みしちゃう。

でも、やらないから、いつまでも自信が出ない。そしていつまでも、私なんか…から抜け出ることができない。

ぐるぐると、自己完結のループを回って、ひとりで踊っています。

自信がない人は、大事な「行動」が足らないのです。

踊ってないで、前に一歩、足を出せばいいだけです。

労力の方向性を変えればいいだけです。

いつか準備ができたらやろう、と、一生懸命、準備ばかりしている人も多いです。

資格好き、証書好き、セミナー好き、自己啓発書好き。

人のセミナーやプログラムにお金ばかり払っていないで、早く自分で始めて投資の元を取らないと(笑)。

という自分も、かつては、どうしようもなく自信がありませんでした。

ヒプノセラピーを受けて、心のプログラムを変えてもらおうとしたこともあります。

もちろん今でも尻込みして、足がわなわなする瞬間、あります。

当たり前のように、あります。

でも、それは、「次のステージに挑戦してるんだな」というサインだと理解しています。

だから、良いこと、と、自分で認識するように、プログラムを書き換えたんですね。

反射的にそう認識するように、訓練してきました。

逆に、尻込みすることもない生活が続くと、それはチャレンジが足りてないと理解して、あえて難易度の高いことを考えだして、手がぷるぷると震えるほどの恐怖を感じで、嬉しくなったりしています。

いやいや、どれだけ強烈な「M」なんだか、という感じですけれど…(笑)。

そんな風に、常識を変える、思考の方向性をちょっと変えるだけで、怖さも楽しさになり、苦しさも興奮に置き換わり、自分にはとても…ということでも、えい!と挑戦しやすくなっていきます。

慣れ親しんだことだけを、ほんわかやっていても成長はありません。

「自信がない」と怯えてしまうことにこそ、どんどんチャレンジしていきましょう!

自信がない? ⇒「だから」やるんです。

人間は、成長する生き物ですし、成長感がない人は、今がぼんやりとしがちです。

こんな記事も、ぜひ参考に。マズローの欲求五段階説にも触れています。
↓ ↓

「毎日がなんだか刺激がなくて退屈? それはチャレンジが足りないから」

この記事は、無料メールマガジン「未来通信」に掲載した内容をブログに転載したものです。

ロサンゼルス暮らしのあれこれ+未来志向のメッセージを盛り込んだ「未来通信」は、毎週水曜日(アメリカの火曜日)にお届けしています!

⇒ 登録はこちらから

スポンサーリンク