• Evernoteに保存Evernoteに保存

仙台セミナーの主催者は3人の幼子を持つシングルマザー!「たきのさわ瞳」という名前がすでにカリスマ級でズルイと嫉妬

仙台に住む知人からの紹介で、昨年暮れから僕のライフコーチを受けてくださっているライフコーチの「たきのさわ瞳」さん。

彼女が主催を引き受けてくださって、4月24日(日)、30年振りに訪れる土地なのに、いきなり2つの違うテーマのセミナーをやらせていただくことになりました。

1.10時~ 「自分の健康は自分で守る。ハリウッド&ビバリーヒルズ流 最新オーガニック&ベジタリアンライフ情報」

2.13時~ 「ハワイ&ロサンゼルス発 自分らしく自由に生きるライフスタイルの見つけ方」

今回の仙台セミナーの仕掛け人、というか、「こんなのやりたいから、人を集めて」と勝手にコーチの威厳を発揮して、圧力をかけただけなのですが(笑)、快く引き受けてくださいました。

忙しい中、ブログでの紹介やら、お友達への声掛けやら、会場の準備やら。

今は、私が伝授した集客ABCの、まずはAのところを悲鳴あげながらやってくださっている最中です。

上の写真の、がはは笑いが彼女。

なんと、小学生の長男と、保育園の年長の次男と、年中の三男という、3人の息子さんを抱えるシングルマザー。

そして、思い切って、ライフコーチとして仙台をベースに活躍を始め、セッションやらセミナーやらワークショップやらで大忙しなのです。

彼女の強み。まず第一に、「思い」

とにかく情感が豊かで、クライアントさんに対しても、どっぷりと入り込んで自分の思いを伝え、相手の思いを汲み、真摯に向かい合っているのだろうなと想像が簡単につきます。

かつて学校で1000人もの生徒と向き合ってきた体験が、彼女に人の心に入り込むスキルを与えてくれたのだと思いますが、スキルでは語れない、使命感みたいな熱いものがあるのが強いですね。

情熱は人を動かすし、自分を急速に育ててくれます。

貪欲な彼女に負けないように、自分もどんどんアップグレードしてかなきゃと思います。

彼女の強み。第二に、「言葉」

その言葉は、彼女が毎日、したためているブログに集約されています。

さくさくっと書いてそうなブログですが、毎日、日によっては複数回、心に響く言葉を連ねた記事をアップしていて、このブログによって、彼女にはファンが集まってきているんですね。

彼女の言葉は、余計な飾りも鎧もない、「裸の言葉」です。

ちょっと自己陶酔したような、着飾ったポエムなブログってコーチングの方にはありがちなのですが、彼女の場合は体験から語るストーリーが多いし、ハートから指に直結してアウトプットされる言葉なので、勢いと、生っぽさと、土臭い強さがあるんですね。

だからふわふわしないし、ストレートに飛び込んできます。早く本になるといいな、真っ先に読者になりたいな、と願っています。

彼女の強み。第三に、「名前」

と思っているのは、私だけかもしれないのですが、ちょっとズルいよなあ~、いいなあ~、羨ましいなあ~と、正直、ジェラシーでいっぱいです(苦笑)。

「たきのさわ瞳」って、何だよ、おい。最初は、「滝野澤瞳」という漢字で書いてこられたので、ちょっと怖って感じだったのですが、苗字を平仮名にした途端、なんとも文学的な字面になって、やさしいオーラが舞い上がりましたね。

すでに、もう、本の背表紙に名前が印刷されているのが、目に浮かびます。カリスマ感が漂います。

上野元をいくらハジメとカタカナにしてみたところで、何のオーラも漂わないしなあ、かと言って、今さらビジネスネームもなあと、すねております。

hitomicoaching

そんなこんなで、瞳さんの最初のセミナープロデュース。仙台での私の初めてのセミナー巡業。ふたりして、ドキドキです。

なんと大阪からかけつけてくれる男性なんかもいらして、感激しています。

土曜日は早めに行って、杜の都を散歩しようっと。伊達政宗の像を見たのは、大河ドラマ「独眼竜政宗」がちょうど放送されている時だったな、農機具メーカーさんのPR誌の取材で来たんだっけな、あれっていつだったのかなとGoogleしたら、1987年(昭和62年)って出てきて、お前いったいいくつだよ、と笑ってしまいました。

昭和の末期、バブル初期。すでにバリバリ働いておりました…。

ぜひ、たくさんの方とお目にかかれますよう、願っております。午後の部は、すでに定員30名の半分までご予約いただいています。

セミナーのご案内は、こちらです

1.10時~ 「自分の健康は自分で守る。ハリウッド&ビバリーヒルズ流 最新オーガニック&ベジタリアンライフ情報」

2.13時~ 「ハワイ&ロサンゼルス発 自分らしく自由に生きるライフスタイルの見つけ方」

瞳さんは、今はまだ対面セッションだけのようですが、そのうち、リクエストがあれば遠距離の方々もスカイプセッションなど、されることと思います。今のうちに、要チェックです。

 ⇒ たきのさわ瞳さんのプロフィール

 ⇒ 彼女が書いてくださった仙台セミナーの紹介文

関連記事