• Evernoteに保存Evernoteに保存

ハワイの椰子の木と、ロサンゼルスの椰子の木はどう違う?

ワイキキ

以前、とある特集記事を作った時、イラストレーターさんにアメリカの風景をコラージュにしていただく指示を出しました。

彼女は、椰子の木を並べて、ロサンゼルスをイメージしたシーンを描いたようなのですが、それがどうも僕には「ハワイ」な感じがしました。ちなみに上はハワイのワイキキによくある椰子の木のイメージです。

実は特集としては、西海岸の方をイメージさせてほしかったので、「それはちょっと違うのでは?」と手直しいただくことになりましたが、さて、ハワイとロサンゼルスの椰子の木は、いったい何がどう違うのでしょう? 両方住んだことがある自分だからピンと来てしまうことのようですが、さて、それを彼女にどう説明した良いのか?

考えてみました。

1.ロサンゼルスの椰子の木の方が細くて長い。

2.ロサンゼルスの方が背が高い。

3.ロサンゼルスは、道の両脇に均等に整列している。

4.ロサンゼルスは、ほぼすべてが同じ高さで並んでいる。
5.ロサンゼルスの方は、幹が真っ直ぐで曲がらない。 

うん、きっとそうだ。

彼女の描いたのは、バラバラな高さの椰子の木がランダムに並んでいる様子で、それだと、上の写真のようにハワイっぽくなってしまうのでしょう。ハワイの場合、なぜかてんでバラバラに育つし、途中からくねって曲がったりするんですよね。ロサンゼルスと同じように整然と直立しないものなんです。

幹の太さも、ハワイの方が根本が太い気がします。強い風が吹くからでしょうか。単に違う種類なだけかもしれません。逆に、ハワイには、ロサンゼルスのようなタイプの椰子の木は見かけないし、同じように整列させて植える習慣もないんですよね。

ということで、彼女には、「同じ高さで、2列にして整然と道沿いに並んでいる感じに描いてください」と指示を出して、見事ロサンゼルスらしく仕上がりました。いわゆる、下記の風景のような椰子の木を描いていただきました。これ、とってもロサンゼルスなイメージですよね。こちらは、先日ジョギングしたサンセット通り。この先、もう少し行くと、ハリウッドです。こんな風な椰子の木ストリート、この辺りにはたくさん見かけることができます。

Palmtreelaよく見ながら歩くと、ロサンゼルスにもハワイっぽいタイプの椰子の木はあるようですし、ビーチ沿いには、不揃いな立ち方してて、あ、ハワイっぽいかも、と思える光景もあります。が、幹がぐわんと曲がったタイプはほとんど見かけず。ロサンゼルスだって海沿いは風が強い日もあるだろうに、そこが不思議といえば不思議です。

スポンサーリンク