• Evernoteに保存Evernoteに保存

未完成な自分

the ivy

ふたりでいると、早くひとりになりたいと思うのに、ひとりになると、途端に傍らに気配を感じたくて、未完成な自分になってしまいます。

未完成な自分はいつも心細く、寡黙で、どこか退屈。

ジョギング中に転んで擦りむいた膝の傷が1日ですごくきれいになったのに、見せて一緒に喜んでくれる人がいない。

トイレのタンクが壊れて水が流れっぱなしだったのを、修理の人が来て5分で直していったことを一緒に喜んでくれる人がいない。

たくさん作りすぎたカボチャのスープにカレーペーストを入れたら、ものすごく深い味わいになったのに、一緒に喜んで食べてくれる人がいない。

そんな日々にも、実際のところ、すぐに慣れてしまうのはよく知っています。

だけど、慣れた後の世界は今と同じではなく、色彩を失くした、似て非なる景色しか存在しない別な場所だったりするんですよね。

ま、そんなことを再び確認できたのも良い体験でした。

また一緒に暮らし始める日も近いんだろうな、と思うものの、さて、どこで?というのが問題か。

ロサンゼルスかハワイか、はたまた別な場所か。

それは困っていることというよりも、なんとなく楽しげな、贅沢な悩みではあります。

関連記事