• Evernoteに保存Evernoteに保存

ライフプランとは「人生全体の設計図」。単なるマネープランではありません

ライフプランニングのすすめ

日本語で「ライフプラン」と検索窓に入力すると、出てくる答えはファイナンシャル・プランナーさんのサイトか、彼らがおすすめする保険&投資商品の宣伝だったりします。

でも、英語で「Life Plan」と検索したら、出てくる答えはまったく違います。

文字通り、Life=人生、Plan=計画、設計であって、どう生きるのか、目標達成、夢実現などに関することが次から次へと出てきて、ファイナンシャル・プランにたどり着くことは稀です。

と、日本のセミナーでお話すると、皆、びっくりされるので、こちらがびっくりします(笑)。

マネーはもちろん生きていく上で、ひじょうに重要な要素ですし、いくら稼ぎたいのか、いくら貯めたいのか、いくら所持しておきたいのか、そしてそのお金はどうやって作るのか、ということは、日々の暮らし方に密接に関連しているのは確かです。

ただ、大切なのは、「日々の暮らし方」の方。

理想の「日々」がわからないのに、理想のマネーはわかりません。単に空想で「年収1億円あったらいいな」と言ったりするのは簡単ですが、そこに芯がないので、実現していかなかったりします。

途中まで頑張れるけど、すぐにへたってしまう。

自分の人生のもっと先の方のワクワクに結びついていないからです。

宝くじに当たって、にわか億万長者になっても、かなりの割合で、そのお金をすべて使いきって、逆に借金生活に戻っていってしまうという話があります。

そのお金を使って何をしたいのかがわかっていないままに手にしても、結局は浪費してしまい、コントロールもできなくて、変わってしまった生活パターンから抜けだせずに破産に陥ってしまうということなのですね。

よく「お金持ちになりたい」と言いますが、それは何かの象徴、シンボルに過ぎなかったりするのです。

本当の夢というのは、そのお金を使って手に入る「何か」の方。

お金を持つことで、何を実現したいのか? 自由? 時間? 豊かさ? 物質? 旅?

……などなど、そちらの方に、想像の翼を伸ばしていく必要があるのです。

「ライフプラン」とは、仕事、キャリア、マネー、健康、家族、人間関係、趣味、教養など、人生のありとあらゆる重要要素を柱として、◯歳の時には、こうなっていたい、だからそのために、こういう風に「今」を生きる、「明日」を生きる、ということ。

自分が成長すれば、当然、理想の状態も変わっていくので、このプランは、どんどん書き換えていきます。

ステージが上がれば、夢の大きさも変わって当然。

アメリカのライフコーチが、成長を助け、閉じ込めていた本来の自分を掘り起こしていくために用いる、とてもパワフルなツールです。

自分もこのツールを使って、人生の可能性が思い切り広がったし、何よりも日々の「幸せ実感度」がぐ~んと上がったことを知っているので、ひとりでも多くの方に知っていただきたいな、と啓蒙活動を始めたところです。

今度の日曜日、東京都内でミニワークショップを開きます。少人数で、じっくりとお話できる良い機会です。

まだ枠が少しあるようなので、近郊の方は、よろしかったら、おしゃべりしにいらしてください。

(イベントはすでに終了いたしました。ご参加、ありがとうございました!)

⇒ 【東京開催!】 10/19 人生がキラキラ輝くセミナー「ライフプランニングのすすめ」

★ライフプランの作り方、自分の掘り起こし方についてまとめた充実の小冊子
「セルフ・アップグレード成功術2016」。期間限定で無料進呈中です。
(ご希望の方は画像をクリックしてください。)

freereportselfupgradeimage

【10の成幸ステップ】無料講座に今すぐ登録!
メルマガ「未来通信」に今すぐ登録!