• Evernoteに保存Evernoteに保存

40にして惑わず。50にして天命を知る

halfway

以前、誰か有名な方が40歳になった時、「不惑の歳」のような言い方をされていて、初めて不惑、という言葉を知りました。論語が出典となったもので、40にして惑わず、つまり人生の方向性が定まって迷わなくなる、という意味なのだそうです。

今の時代、40歳で本当に迷わない人はいるのでしょうか。自分は40で社長を命じられて、覚悟は決まりましたが、それは仕方なく集中するしかなかった、という意味。その後もずっと常に迷いながら、惑いながら、生きてきました。

50歳は何というのかというと、「知命の歳」というのだそうです。天から与えられた使命を知る歳…。

セミナーでも言うのですが、今や日本人女性の平均寿命は87歳近くになっています。人生80年といまだに言う人がいますが、女性に関して言えば、ちょっと時代遅れです。

男は80歳に乗ってないのですけど、でも、これはあくまでも平均のことだから、その前に亡くなる方もいれば、もっともっと長生きする方もいる。

100歳以上の人口もどんどん増えています。だから、50歳なんて、まだ折り返し点にも行ってないかもしれないんですよね。生まれてから、今までのこの長かった人生を、もう一回やり直すだけの時間が与えられているとしたら、僕らは今、赤ん坊のように無垢で、純粋で、元気で、可能性に満ちている存在として再び生まれ変われば良いだけです。老いなんて自ら口にしている場合ではありません。老いたまま50年もの長い間、何して生きればいいのでしょう。

ライフプランニングのセミナーでテーマにしているのは、まさにこの「知命」と「不惑」だということに気が付きました。数々の自分掘り起こし作業を繰り返し、自分を再発見し続けて、天から与えられた使命とは何かを見つけていく。そして、それに向けて迷わずに生きていくための設計図を描いていくのです。

ハワイでは5時間半のワークショップを2回開催して、9名の方とこれからの人生について語り合いました。今、感じている、いろんな痛みや苦労やブレーキを開示し合い、互いの話に涙し、アドバイスの言葉を交わし合い、誰からともなく手を差し伸べて、美しい時間を共有しました。

誰もがもがいているし、不惑や知命を求めて、彷徨っています。

彼らの真剣な心の深淵を見るにつけ、もっと上手に手助けしてあげられるように勉強し続けていかないといけないな、と覚悟を新たにするのでした。

スポンサーリンク