• Evernoteに保存Evernoteに保存

ドローンの空撮サービスが安い! そもそもドローン自体も高くない!

drone aerial picture

あ、これってまだやってたんだ、と久々に見た「Living Social」のウェブサイト。Facebookの広告にコンサートの安いチケットが出てきて、それで気になってアクセスしてみました。先日見に行ったばかりのミュージカル「Once」も、席は良くないものの、40ドル台で出ていましたね。ただ、チケットマスターの手数料は別途かかるようなので、結局は60ドル近くなっていくようです。ミュージカル、高いなあ、やっぱり。

久しぶりに見たサイトも見やすくなっていて、新鮮だったので、いろいろとブラウズしてみました。そして気になったのが上の写真。「ドローンによる空撮サービスパック 129ドル」。

こういう商売をしている人たちがもういるんですね。この129ドルは静止画像のみ。枚数も10枚と限られています。どうせいっぱい撮るんだから、あげちゃえばいいのになあ。そうはいかないんでしょうか。一枚いくらで追加でチャージかな?

ビデオ映像がほしい場合は、209ドル。いずれも通常価格の60%オフくらいの値段のようです。ビデオ画像のサンプルがありました。豪邸クラスで、写真だけで表現しにくい不動産の売買にも良いのでしょうし、パーティとかイベントとかに利用すると良い記録になりますね。

下の映像は、ニューポート・ビーチでのイベントの模様をとらえたもの。皆の頭上、何となく触れそうなところにドローンが飛んでいる様子です。

肝心のドローン自体、どんなものを使っているのか、会社のサイトにも載っていません。皆がカメラ目線になるので、そっちの方がなんだか気になるではありませんか。なんか最近は素人でもいろいろ遊んでいるようなことを聞くし、そもそもドローンってどんなもので、いくらくらいするのかなあと思って調べたら、こんな記事がありました。

「The Drone Buyer’s Guide – Best Drones You Can Buy」 (ドローンの購入ガイド)

まず驚くのは、「あ、誰でも買えちゃうんだ」ってこと。それから、「そんなにいっぱい種類があるんだ。」 そして、「意外に安い!」ということ。

一番安いのなんて、なんと45ドルからあるんですよね。一番高いのでも5000ドル。軍用とか、アマゾンがデリバリーに使うとか言ってるんで、てっきりこのクラスの値段じゃないと買えないのかと思っていました。だから全然、驚かない。

このページを見る限り、500ドルくらい出すと、なかなか素晴らしいものが買えそうですよね。ここにGo Proや小型カメラを設置して空撮するんですね。でもこれって、ラジコンの飛行機やヘリコプターと、どう違うんです? ここまで安いと、何だか違いが見えてこない。まだ良くわかっていないかな…。後でまた、もうちょっと調べます。

いやあ、世の中、突如として進化する時はしますねえ。自分でドローン買っても、個人としては使い道が見えないけれど、129ドルで空撮写真が撮れるなら、なかなか悪くないと思いました。

関連記事