• Evernoteに保存Evernoteに保存

ペン一本で夢を現実に。大好きなマンガと人をインスパイアする名言を組み合わせて大成功

zen pencils

 WDSイベントのゲストスピーカーとして参加したギャビン・アン・タン君は、オーストラリア在住の30代。グラフィック・デザイナーとして働くも、過酷な勤務体制で深夜残業ばかり。とうとう8年間で燃え尽きてしまいます。2012年のことです。

でも何をしよう…と考えた時に思いついたのは、子供の頃から好きだったマンガ。いつもノートの隅に絵を描いて楽しんでいた。それで何かビジネスにできないか。

時はソーシャルメディアの時代。いつもWikipediaで偉人のストーリーを読み、素晴らしいQuoation、いわゆる名言からインスパイアされていた。

そうだ、それに絵をつけてはどうかと思い立った彼。ウェブのことも何も知らないままに会社を辞めて、ジャンプスタートを切ったそうです。

結婚もしていたものの、家を売り、これで半年は無収入でも食べていける。

起ち上げたサイトが「Zen Pencils」。

それからはひたすら机に向かってがむしゃらにマンガを書く日々。それが新聞社や有名ウェブメディアの目に止まって、一気に飛躍します。

今やオンラインショップで、しっかりしたアートクオリティのインスピレーション・ポスターを販売してビジネス展開しています。どれもほしくなるような素敵な絵、素敵なデザイン、そして素敵なメッセージです。

今回は、イベントのオフィシャルポスターを制作し、なんと、参加者全員にお土産にくれるという大盤振る舞い。もちろん主催者からのサプライズです。

(余談ですが、本当にこういう絵の方々がいるイメージです。フツーの感じのアメリカ人が多いんですよ。)

WDSposter

「会社を辞める前に考えようね」と言って、皆を笑わせるギャビン君。彼は先に辞めちゃって、もう後がない状態で始めたわけですが、プランBがあると、まあ精神的には安心だよね、と、初々しく話します。

そこはどうでしょうね。僕もたいした準備もできないまま、まあ一年くらいは食べていけるし、と思って辞めちゃった口。なかなかプランBやバックアップがある間は、本気が出せないってのもありますよね。まあ、もちろん最低限の準備はしていましたけどね。

しかし英語でビジネスを展開すると、こうやってオーストラリアからヨーロッパ、アメリカ他、「世界」が市場になっていくんですよね。それって、ものすごく有利ですよね。自分もせっかく英語の国にいるのだから、でっかい市場でできることもちゃんと考えていこうと思います。

何はともあれ、成功の秘訣は「人をインスパイアすること」だし、そのことを通じて、社会に大きな意味で貢献していくことなんですよね。

Zen Pencils

関連記事