• Evernoteに保存Evernoteに保存

初トライアスロン無事に完走!ホノルル・トライアスロン完走記

ueno triathlon

前の晩も当日の朝もドキドキが止まらなかった初めてのトライアスロン。やっと終わりました! 終わってみれば、結構それぞれの種目が楽しくできて、気にしてなかった結果的にもまずまずの様子。人と比べてみて、初めて何がどうできてるのかが見えてくるものですね。

下が公式ページから取ったリザルトです。エイジグループで68人中30位。へぇ~、初めてにしては悪くないかも。腕時計では47分だったのですが、公式記録は50分。

ueno record

トライアスロンは年齢&男女差別が公にOKとされているようで(笑)、年齢順に区切って若い順に男、女と順番に出ていきます。僕のグループは、十把一絡げで「50歳以上」という括り。一番最後からのスタートです。

スイムは意外に苦手じゃないのかも

怖くて怖くて仕方なかったスイムからのスタート。最初は皆が団子になるので、思うように前に進めず、足を抑えられたりしてパニック状態。でも意外に周りの人のペースが早くなくて、そこに安心しつつジョギング、ジョギング、大丈夫、大丈夫と念仏のように唱えながら自分を落ち着けます。

だんだんと身体も温まり、結構、身体がしっかり浮くのでスピード感もあって我ながらいい感じ。周り見ても、そんなに早いと感じない。あれあれ。と調子に乗って泳いでいたら、人の気配がまったくしなくなりました。ふと顔を上げると、ビーチの近くにどんどん曲がっていってました。

僕の場合、どうしても右呼吸の方が楽で、でもコースは左回り。目印のブイが見えないんですよね。これ、改善しないと。本当は交互に右、左、と3ストロークごとに呼吸するのが正解なんでしょうけど、そこまで息が続かないのです。練習しておきます。

だから、右にぐわーっと行って、折り返しをめがけてまた左にグワーッと行って、帰りもまた同じことをしてしまって、右にグングンと行っちゃって、軌道修正して左に泳いで、と、ひし形に泳いでいました。あんなに無駄して34分台って、それほど悪くないみたい。最後はジョギングじゃなくて、調子に乗って結構スパートしちゃったし。スイムであんなに人を抜けるとは思ってなくて、少しだけ自信になりました。

いつも行ってるスイミングクラブの皆のレベルがずいぶんと高いんだ、という事実を知ったと共に、海は身体が浮くから泳ぎやすいということを発見。スピード出て楽しい。っていうか、泳力が上がってるのかな、知らない内に。

バイクは完全に練習不足。後半バテました^^;

バイクはのんびり行こうと決めていました。40キロを1回、20キロを2回練習しただけで、全然身体ができてないのを知っていたので、あんまり無理するとランに差し障ると思って、スピードは始終抑えめに。

最後の4分の1くらいはもうきつくて、足が上がらない感じ。シートにあたっている部分も強烈に傷んだし、ほんのちょっとの風も足に負担になりました。

タイムを見ると、ここでずいぶんと挽回できるチャンスがあるようですね。良いバイクがすぐに欲しくなるよって言われた理由も良く分かります(笑)。シャーシャーって音を立てて抜かしていくカーボンリムのカッコイイ姿に憧れました。マシンで差がつく競技はちょっとフェアじゃない気がしてしまうのですが、トライアスロンでは全体のタイムの半分くらいを占めていくので、とても重要なんですよね。

まずは王道から。頑張って練習します。

ランは想定外。熱にやられました

10キロなんて日々のジョギングの距離だし、それだけなら何でもないのですが、その前にさんざん身体を酷使し、足を酷使しています。なので、きついです。本当に。

自転車から降りたばかりの時は、スピード感が身体に残っていて、ゆっくり走っているつもりが実はすごいペースで走りだしています。ちゃんとペースを図ってないと、身体では絶対に分からない。オーバーペースで途中で歩いちゃいます。

マイル8分でスタートして、あとは半分過ぎたら7分半くらいに上げていこうと思ったのですが、なかなかペースが上げられず。結果50分だったみたいですね。いやあ、今日は本当に暑かったのです。猛烈に。途中何度も氷水かぶって頭を冷やしたのですが、ボーっとしてきてヨチヨチ走りからペースを上げられませんでした。

途中、足の裏に大きなマメができてきたのも分かったし、バイクで疲れたハムストリングスも固くなっていました。最後にスパートして気持よくフィニッシュ。初めてのトライアスロン、無事に完走できたことが嬉しくて、すべての痛みや苦しみも忘れました。

ホノルルをデビューに選んだのは大正解!

ロサンゼルスに住んで3年になりますが、まだ一度も海に入ったことがありません。真っ暗で真夏でも冷たい海。ハワイに長くい過ぎましたよね(笑)。海のことを考えたら、トライアスロンのデビューはホノルル以外に考えられませんでした。

3種目を練習するのは本当にたいへんなことで、忙しい会社員をしながらだと自分は時間をうまく捻出できなかった。独立したらやろう、と思っていて、今回がちょうど最高のタイミングだったわけです。

アラモアナの海は波がなく穏やかで温かく、自転車コースも大きなアップダウンなし。ランはビーチパークをクルクル周回するだけで坂はなし。これ以上に楽で楽しく美しいコースもないはずですよね。

日本からもたくさんの方々が訪れます。運営が変わってからドンドン良くなって、参加者が急増しているようです。また来年もやることになる気がします。ホノルルでデビューできて良かった。友人もたくさん出場してて、日本語でのフォローも完璧。

いつかトライアスロンやってみたいなあと思っている皆さんには、ホノルル・トライアスロンをぜひおすすめします!

スポンサーリンク